"親子で聴ける"クラシックコンサート10

こどもたちへの音楽の贈り物!普段は会場に入れないお子さまも入場できるコンサートです。

日 時

2017年3月11日(土)
 11:00

会 場

小ホール

出 演

加羽沢美濃(ピアノ) 奥村愛(ヴァイオリン) 上野耕平(サクソフォン) 山田姉妹(山田華・山田麗)(ソプラノデュオ・司会) 林そよか(ピアノ)

料 金

全席指定 親子券1,800円・おとな1,500円・こども500円
※親子券は、おとな・こども各1名のペア券
※こどもは、3歳~中学生(3歳未満でもお席が必要な場合は有料)

※3歳未満でも入場できますが静かに鑑賞できる方を対象とします。

公益財団法人越谷市施設管理公社


 

PROFILE

 

加羽沢美濃 (ピアノ)

kabasawa.jpg

1997 年、東京藝術大学大学院在学中に、コロムビアから CD デビュー。すでに20 枚を越える CD、楽譜 が発売されている。
作曲家として、佼成ウィンドオーケストラからの委嘱作品『宙と大地と精霊たちの雅歌』、ヴァイオリニスト徳永二男から委嘱された 12 人のヴァイオリニストのための『月のオーラ』、チェリストの向山佳絵子から委嘱された 12 人のチェリストのための『名もなき風』等室内楽、合唱曲、吹奏楽等多くの委嘱作品を書いている。
また作品は多岐にわたり、テレビドラマ、『チルソクの夏』『四日間の奇蹟』『『出口のない海』『獄に咲く花』『日輪の遺産』『指輪をはめたい』『ツレがうつになりまして。』『ライアの祈り』等の映画音楽や『黒部の太陽』など舞台音楽など話題作を数多く担当している。
ピアニストとして、高嶋ちさ子とのユニット『Chisa & Mino』やレクチャーコンサート等全国で演奏活動を行う。 
また「題名のない音楽会」「名曲リサイタル」の司会をはじめ「紅白歌合戦」「トップランナー」「スタジオパークからこんにちは」など多数のテレビ、ラジオ番組にも出演。
現在、NHK E テレ「ららら♪クラシック」総合司会を開始当初から務める等、幅広く活動を続けている。
[公式サイト]http://www.kabasawamino.com

 

 

 

奥村愛 (ヴァイオリン)

okumura.jpg

7歳までアムステルダムに在住。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースで学ぶ。第48回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部第1位、第68回日本音楽コンクール第2位など受賞多数。
国内の主要オーケストラと多数共演。2000年にはポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と、02年にはI.ビエロフラーヴェク指揮プラハ・フィルハーモニー管弦楽団と共演するほか、04年にはP.ガロワ指揮シンフォニア・フィンランディアの日本ツアーにソリストとして参加。06年・07・08年は本名徹次指揮ヴェトナム国立交響楽団のヴェトナム・ツアーにソリストとして参加する等、海外オーケストラとの共演も多い。また富士山河口湖音楽祭には毎年出演を続けている。
CDは02年『愛のあいさつ』でデビュー。最新CDは2013年発売の「With a Smile~微笑みをそえて」。
2012年にデビュー10周年を迎え、全国リサイタル・ツアーを開催。親しみやすいプログラミングと自然体なトークによるリサイタルは各地で大好評を得ている。一児の母としての経験を生かし、自らのプロデュースによる親子向け公演を数多く手掛け、各地で大絶賛されている。テレビ・ラジオ等への出演も多く、多彩な活躍で注目されている。
桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。佐藤製薬のトータルスキンケアブランド「エクセルーラ」のイメージキャラクターをつとめている。
[公式サイト]http://aiokumura.jp/
[公式Facebookページ]https://www.facebook.com/aiokumuraofficial

 

 

 

上野耕平 (サクソフォン)

uenokohei.jpg

茨城県東海村出身。
8歳から吹奏楽部でサックスを始め、東京藝術大学器楽科を卒業。
これまでに須川展也、鶴飼奈民、原博巳の各氏に師事。
第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年11月、第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、第2位を受賞。現地メディアを通じて日本でもそのニュースが話題になる。
また、スコットランドにて行われた第16回世界サクソフォンコングレスでは、ソリストとして出場し、世界の大御所たちから大喝采を浴びた。
2015年9月の日本フィルハーモニー交響楽団定期公演に指揮者の山田和樹氏に大抜擢。この公演は、クラシックサックスの可能性が最大限に引き出され、好評を博す。また2016年4月のB→C公演では、全曲無伴奏で挑戦し高評価を得ている。
CDデビューは2014年「アドルフに告ぐ」、2015年にはコンサートマスターを務めるぱんだウインドオーケストラのCDをリリース。
現在、演奏活動のみならず「題名のない音楽会」、「報道ステーション」等メディアにも多く出演している。
また2016年4月からは昭和音楽大学の非常勤講師として後進の指導にあたっている。《The Rev Saxophone Quartet》、ぱんだウインドオーケストラコンサートマスター。