No.420 サンシティ名画劇場「グリーンブック」

No.420 サンシティ名画劇場「グリーンブック」

1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック(グリーンブック)〕を頼りに、あえて差別の色濃いアメリカ南部へのコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?まさかの実話!

日 時

2019年11月15日(金) ・ 16日(土)
 10:00/14:00/18:30

本編時間

2時間10分

会 場

小ホール

出 演

料 金

1,000円
割引券持参800円

公式サイトURL https://gaga.ne.jp/greenbook/

公益財団法人越谷市施設管理公社


2019.11月名画①.jpg

 

 

 

2019.11月名画②.jpg

 

 

 

2019.11月名画③.jpg

 

 

 

2019.11月名画④.jpg

 

 

 

2019.11月名画⑤.jpg

 

 

 

2019.11月名画⑦.jpg

 

 

 

2019.11月名画⑥.jpg

 

 

 

トニーとシャーリーを演じるのは、二度アカデミー賞ノミネートされたヴィゴ・モーテンセンと同賞を受賞したマハーシャラ・アリ。二人の幸せな奇跡の物語を観る者の心にまっすぐ届けてくれる。監督は、『メリーに首ったけ』などコメディで知られるピーター・ファレリー。キャリア初の感動作を傑作に仕上げた。

 

異なる世界に住む二人の壮大なズレに笑い、ツアーの本当の目的に胸を熱くし、極上のラストにスタンディングオベーションを贈らずにいられない、痛快で爽快、驚きと感動の実話!

 

 

 

2019.11月名画⑧.jpg

 

 

 

2019.11月名画⑨.jpg

 

 

 

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまった。ある日トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃いアメリカ南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが、出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。

 

 

 

 

2019.11月名画⑩.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

2019.11月名画⑪.jpg

 

 

 

監督/ピーター・ファレリー

 

出演/ビゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリニ、ディミテル・D・マリノフ、マイク・ハットン、セバスティアン・マニスカルコ、P・J・バーン 他

 

 

 

割引11月.jpg