No.399 サンシティ名画劇場「光」

No.399 サンシティ名画劇場「光」

あなたと見つめる今日がこんなにも、いとしい—。視力を失いゆくカメラマンと出逢い、彼女の何かが動き始める—。人生で多くのものを失っても、大切な誰かと一緒なら、きっと前を向けると信じさせてくれるラブストーリー。

日 時

30年2月23日(金) ・ 24日(土)
 10:00/14:00/18:30

本編時間

1時間42分

会 場

小ホール

出 演

料 金

1,000円
割引券持参800円

公式サイトURL http://hikari-movie.com

公益財団法人越谷市施設管理公社


30.2月①.jpgのサムネイル画像

30.2月③.jpg

pre_logo.png

 

staff_bg.jpg

 

30.2月④.jpg

生きることの意味を問いかけ、カンヌ国際映画祭他、世界中から大絶賛をされた『あん』。河瀨監督と永瀬正敏のタッグが、ヒロインに水崎綾女をむかえて次に届けるのは、人生で多くのものを失っても、大切な誰かと一緒なら、きっと前を向けると信じさせてくれるラブストーリー。1997年に『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭新人監督賞カメラドールを受賞し、2007年の『殯の森』では、同映画祭で審査員特別大賞グランプリを受賞した河瀨監督。10年目の節目をむかえた2017年にふさわしい感動作が、ここに誕生した。

 

intro_pt.jpg

 

30.2月⑥.jpg

単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、とある仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐子は雅哉の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が過去に撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行ってほしいと願うようになる。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われていく雅哉。彼の葛藤を見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わり始める—。

 

story_pt.jpg

 

監督・脚本/河瀨直美

出演/永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満、堀内正美、白川和子、藤竜也 他

 

割引.jpg